Fairica

Blog

日々のコトを綴るブログです

出産報告② 和痛分娩

和痛分娩や無痛分娩、計画分娩などは麻酔を使う事で痛みが軽減されて、楽なお産になると安易に考えがちですが、実は自然分娩よりも大変なお産になることがとっても多いのが現実です。どんなリスクがあるのかしっかりと学んだ上にその人の体質や骨盤の状態などに合わせて調整をしっかり行い、病院への希望をきちんと伝える事でとても満足のいくお産になる事もあります。何件かご紹介させていただきます。
皆様にとって満足のいくお産になること、赤ちゃんの人生のスタートがよりよくなることを願って☆

::::::::::::::

OLYMPUS DIGITAL CAMERAはやしさん(和痛分娩)

りか先生、ありがとうございます!時間は短く、誘発剤など使わず、産道は切れず、麻酔も多少効き、本当に素晴らしいお産になりました!先生にはとっても感謝しています(*^^*)

以下、ご報告文です⬇
~~~~~~~~~~~~~~
ご報告☆

無事に3100gの元気な女の子が産まれました☆
当日は陣痛から始まり、朝7時に入院して6時間後の出産です。

麻酔分娩希望だったんですが、麻酔を入れると一般的には陣痛が弱まるので、ギリギリまで我慢して、『もう発狂してしまう』と思った時点で、麻酔をお願いしました。

すると、想定外なことに麻酔の先生の到着が遅く、お願いしてから2時間後に麻酔の処置、、、
麻酔が完全に効く前に、産まれてしまいました(笑)

(余談ですが、若い麻酔のイケメン先生は到着したときメッチャお酒臭く、目も顔も赤くて、朝方まで飲んでいたんだろうなと、、、(笑)まさかの寝坊?? びっくりです。)

でも!そのお陰で、早い段階で麻酔を入れなかったせいか、お産がどんどん進んで、誘発剤も使わずに、最後の最後は少し痛みが軽減された状態で産めました!

会陰も産道も全く損傷なく、なんと最後まで1度もいきまずに産まれました。
りか先生が、『健康なうんちはいきまずにスルッとでるでしょ、お産も強くいきむから会陰がさけることもある』と言っていたためです。それに36週以降オイルを使ったマッサージは毎日しました。(※麻酔は入っていたけど、いきもうと思えば十分いきめました。)
お産の流れが早かったので、『このままだと産道が切れるから、ゆっくり出してあげましょう』と助産師さんに言われ、いきむ代わりに、赤ちゃん出そうなタイミングに合わせて、りか先生に教えてもらった骨盤を動かす呼吸法をずっとしていたんですが、それがとても良かったみたいです。

りか先生には、『林さんはあんまり心配なさそう』と言われていたので私も安心していましたが、想像以上にものすごくスムーズなお産になって自分でもビックリしています!
私はもともと身体は柔らかい方でしたが、体力と筋力がなく、ヨガに通っていたことでこの2つをつけられたのがまず一番大きいと思います。
最初は一回でも辛かったスクワットが、出産直前には物足りなくなっていたし、筋肉を使うところとゆるめるところも頭でなく身体で覚えることができました。

それに、身体が整うとメンタルが安定してきます。陣痛の後半戦は、『メンタルが安定』なんて余裕のあることは全く言えない状態でしたけど(笑)、陣痛中盤までと、長いマタニティ期間を心身ともに安定して過ごすことができました。

スタジオに通っていたことで、カラダもココロも整ったし、ワークショップで教えてもらった色々や、先輩ママからのお産報告などでの心の準備ができたことなど、とにかく良いことばかりで、本当に感謝しています(*^^*)

産後、入院中のセルフヨガはまだ余裕がなくてやれていないですけど、これから始めます!

あと、きゅきゅっとおくるみの効果は絶大でした!

最後に、、、
りか先生(*^^*) →今まで丁寧な指導ありがとうございました! また産後ヨガ宜しくお願いします☆
スタジオに通う皆様(*^^*) →ヨガをやってて良かったことは私が言うまでもなくすでにみんな感じてると思いますが、しんどくても直前まで根気強く頑張ったら、本当に後が楽だとおもいます! 皆さまのお産が良いものになりますようにお祈りしています☆

:::::::::::::

OLYMPUS DIGITAL CAMERAほしださん(和痛分娩)

無事3734gの女の子を出産しました!病院も驚く安産で、本陣痛からは4時間のスピード出産、となりました。
とーってもHappyなお産でした。

計画分娩希望だったので、入院して子宮口を開くラミナリアを挿入しました。
夜中に陣痛らしきものが来たのですが、満月でとにかく人が多く、分娩対応できずということで(笑)一度ラミナリアを抜き体力温存の為、朝まで睡眠。

朝から誘発剤を利用し、誘発開始。
満月の影響で、LDRが開かず(笑)、13時まで、麻酔をいれず痛みに耐えてました。
そして、13時の時点で子宮口8cmに開き、本陣痛が始まり、いよいよLDRに移動。

・・・この時点で、病院のスタッフの方は痛み逃しの上手さに驚いてました。
(あまり痛がらないので、まさか8cm開いてると思わなかったようで・・)
呼吸法のすごさを実感しました!
周りでは、呻きまくっている妊婦さんがゴロゴロおり、、(苦笑)
その中で相当落ち着いていられたことは自身でも驚きでした。

そしてLDRに動いてからは、麻酔スタート。
麻酔をしていても、子宮口が全開するまでは痛みを感じましたが、一番素敵だったのは、子宮口が全開しいよいよ、Babyが下りてくる時。
Babyが下りてくる感じを直接感じとることができ、本当に病院の人が驚くほど、Babyの旋回に合わせ、会陰が伸びるいきみ方ができました。
結果、会陰も切らずにすみました!!
Babyが一生懸命、外の世界に出てくる感じを感じ取れたこと、そして一緒に呼吸を合わせられたことはこの上ない幸福でした。
これも、りか先生のアジャストとヨガでいきむ練習をしていた成果です。

りか先生、本当にありがとうございました。

そして、分娩自体もすばらしかったですが、それとともに、わたし自身がとても元気で楽しい妊婦生活をおくれたこと自体が、ヨガのお蔭だとおもっています。

健康的に動くことで、強さと柔らかさのある体をつくること、骨盤ベルトをつけるのではなく筋肉そのものをつけること、そんな本質を教えて頂いたからこそ、出産前日まで元気に動け、そして出産当日から元気に動けているのだと思います。

随分体もかたく、、落ちこぼれの私でしたが(笑)
先生に出会えて本当に よかったです 。

心から感謝の気持ちでいっぱいです。

育児もスタートしていますが体が楽なので、とーっても楽しんでいます。
そして、きゅきゅっとおくるみの効果のすごさに驚いています。
この柔らかさとストレッチでbabyに負担なくきゅきゅっとしっかり包むことができて、本当にすやすやよく寝てくれるのでとても有り難いです。私の寝不足解消もでき、とても穏やかな産後となっています。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

                       

Contact

予約、キャンセル、変更などクラスに関する問い合わせは mata@fairica.com

プライベートレッスン、取材、監修、モデル等の問い合わせは info@fairica.com